今沖縄で注目されているもの

現代沖縄記事一覧

捨てていたモロミからもろみ酢が誕生

泡盛を作る過程でモロミと呼ばれる酒かすが出ます。これまで、蒸留した後のモロミは産業廃棄物となり、豚の餌や肥料にする他は捨てていました。これをなんとか生かせないものかと考えた末、石川酒造場の石川信夫氏によってもろみ酢が誕生しました。■豚の成育がヒントモロミを豚のえさに混ぜると、肉質がよくなることが知ら...

≫続きを読む

 

観光パイナップル園は農家の出店から

観光パイナップル園は、初めて沖縄旅行されるほとんどの方が訪れる所になっていて、レンタカーや観光バスのお客様でいつもいっぱいです。そのはじめはパイナップル農家でした。■北部がパイナップルの産地沖縄北部は酸性土壌で、パイナップルの栽培に適しているため古くから産地になっています。1927年、本部町伊豆味に...

≫続きを読む

 

健康によいシークヮーサー、その名は九年母

シークヮーサーは血糖値を下げる効果がある、とTV番組で放映されてから、急に知られるようになりました。産地偽装疑惑まで出るありさまでしたが、今は落ち着いています。■九年母とは九年母は「くねんぼ」、方言では「くにぶ」と読みます。九年母とは、みかん類の総称で、沖縄ではシークヮーサーが一般的。種をまいてから...

≫続きを読む

 

リアル!食品サンプル工房が作った携帯ストラップ

地元沖縄で、リアル!と好評の携帯ストラップがあります。食品サンプルを作る工房が手がけたゴーヤーやポーク卵、豚の顔といった沖縄素材のストラップがそれです。■ゴーヤーのキーホルダーに行列がほんの遊び心で、ゴーヤーのキーホルダーを作ったら好評で、人だかりが出来てしまった。それがきっかけで、携帯ストラップな...

≫続きを読む

 

クチャ、粘土が美容品?

クチャとは沖縄南部にある粘土の一種。沖縄のエステサロンで使われ始め、県外からも注目されている美容品。実は、琉球の時代からほんの30年前まで、シャンプーやパック剤として女性に愛用されていたのです。■クチャは海底の泥クチャは大昔、海底に堆積した泥。中国大陸から飛んできた黄砂などが海に落ち、長い年月をかけ...

≫続きを読む

 

琉球紅茶、赤土から高級紅茶が誕生

沖縄で紅茶?と意外に思った方も多いでしょう。実は沖縄の赤土が美味しい紅茶を作り出す元なのです。しかも沖縄は世界の紅茶産地の緯度と同じなのです。■沖縄は紅茶の本場紅茶の本場といえばインドやスリランカなどを思い浮かべますが、いずれも熱帯、亜熱帯地方。紅茶に適した酸性土壌であることや雨の多いことなど、すべ...

≫続きを読む

 

サトウキビからラム酒が誕生

サトウキビからラム酒が作られることをご存知でしたか?もともとは西インド諸島が原産の蒸留酒ですが、今、沖縄でラム酒が作られているのです。■ベンチャー企業グレイスラムは沖縄電力の社内ベンチャー企業という異色の会社で、2004年に設立。社長の金城祐子氏は南大東島は高品質な砂糖キビが採れることに注目。南大東...

≫続きを読む