沖縄の世界遺産

沖縄名所巡り記事一覧

首里城跡の歴史と見どころ

首里城は琉球王国統一後、尚巴志によって建造されました。日本と中国両方の様式を巧みに取り入れた造りになっています。2000年、世界遺産に登録。2006年、日本100名城に選定。■歴史15世紀初頭に中山の王、尚巴志が琉球統一を果たし、琉球王国を建国しました。首里城は琉球国王の居城。大臣、女官や役人のいる...

≫続きを読む

 

中城城跡の歴史と見どころ

15世紀中ごろ、首里城の命により、尚巴志の家臣護佐丸が座喜味城から移り住んだとされています。2000年、世界遺産に登録。2006年、日本100名城に選定。■悲劇の護佐丸護佐丸は中城城を増築し、今日見られる形になったと考えられています。護佐丸は勝連城主の阿麻和利を牽制する目的で中城城に移ったのですが、...

≫続きを読む

 

勝連城跡の歴史と見どころ

勝連城跡は、最後まで首里城に対抗した按司、阿麻和利(あまわり)の居城でした。2000年、世界遺産に登録。■英雄の阿麻和利阿麻和利は地元では英雄です。そのわけは、東アジアを中心とする海外交易をおこない、この地域を栄えさせました。さらに次のような物語があるからです。阿麻和利は琉球が統一された後も、首里城...

≫続きを読む

 

座喜味城跡の歴史と見どころ

座喜味城の見どころは、コンパクトな造りと、その位置にあります。築城したのは護佐丸で、首里城を敵から守る目的で造られました。見学は無料、資料館もあります。2000年、世界遺産に登録。■コンパクト設計一の郭と二の郭からなるコンパクトな造りが印象的です。琉球の他のグスク(城跡)、中城城や今帰仁城に比べると...

≫続きを読む

 

今帰仁城跡の歴史と見どころ

今帰仁城跡は別名を北山(ほくざん)といい、琉球北部から奄美大島までを治めた北の王国でした。琉球最大の規模を誇るグスク(城)です。2000年、世界遺産に登録。2006年、日本100名城に選定。■歴史13世紀末に築城準備のため人が住み始め、14世紀には築城開始、増築を重ね15世紀初めに完成し、現在の姿に...

≫続きを読む

 

斎場御嶽の歴史と見どころ

斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球最大の聖地です。2000年に世界遺産に登録されているのは、聖地が人々の精神的よりどころとして今も息づいているからなのです。■聖地見学のコツ聖地は聖地として見学するのがコツです。例えば、大聖堂へ入って人々が礼拝しているとき、声をあげる見学者はまずいないでしょう。琉球の聖...

≫続きを読む

 

識名園の歴史と見どころ

識名園は琉球王家の庭園です。王家の別荘として、また中国からの使節をもてなすために使用されました。1996年、約8億円と20年の歳月をかけて復元が完成。2000年、世界遺産に登録。■豊かな湧水と広い池識名園の中央に広い池があります。水源は育徳泉と呼ばれ豊富な水が湧いています。船を揚げるためのスロープが...

≫続きを読む

 

沖縄県平和祈念資料館の歴史と見どころ

沖縄戦はアジア・太平洋戦争で最大規模の戦争であり、90日におよぶ鉄の暴風が、20数万人の命を奪いました。かつての戦場の一部が公園になっています。■公園整備された激戦地沖縄戦終焉の地「摩文仁の丘」を含む広い場所が公園になっています。公園内には沖縄県平和祈念資料館をはじめ、戦没者24万人の名前が刻まれた...

≫続きを読む